バターを使わない!グルテンフリー!エッグベネディクト

バターを使わない!グルテンフリー!エッグベネディクト

エッグベネディクトは、ニューヨーク発祥のニューヨーカーに定番の朝食/ブランチメニューのひとつです。

カリッと焼いたパンとこんがりベーコン、とろりと流れたポーチドエッグの黄身のコンビネーションが絶妙です。

エッグベネディクトに欠かせないオランデーズソースは、卵黄にバターやレモン果汁を混ぜ合わせた、フランス料理では基本のソースで、湯煎で攪拌した卵により、ふわふわと軽い口当たりが特徴です。オランデーズソースは大量のバターを使うため、高カロリーでheavyですが、今回はバターを一切使わずに、オリーブオイルを使って作る、コクがあるのにヘルシーでライトなソースをご紹介します。通常のオランデーズソースより、驚くほど軽やかで、フルーティなオリーブオイルの風味良いソースは、エッグベネディクト以外にも、茹でたお野菜にかけたり、お魚のソテーのソースなどにも色々と使えます。

前回ご紹介した米粉イングリッシュマフィンを使えば、さらに健康的な、グルテンフリーで乳製品不使用の、身体に優しいエッグベネディクトが作れちゃいます!ヘルシーでニューヨーカー気分になれるこんな朝食を食べてみたいと思いませんか?


材料(2個分)

  • 米粉イングリッシュマフィン
    (作り方はこちら

 

  • ベーコン 2枚
  • アボカド 1/2個
  • ルッコラ 適宜
  • レモン汁 小さじ1
  • 塩 少々
  • パプリカパウダー 少々
  • シブレットやディル、パセリなどのハーブ 少々

 

ポーチドエッグ

  • 卵 2個 (常温に戻しておく)
  • 酢 30g (グルテンフリー)

 

バター不使用のオランデーズソース

  • 卵黄 2個 (常温に戻しておく)
  • オリーブオイル 40g (冷たい場合は少し温めておく)
  • 水 10g (常温)
  • レモン汁 小さじ1
  • 塩 少々
  • こしょう 少々


    作り方 

    動画はこちら

    1フライパンでベーコンを両面焼く。
    2アボカドに塩とレモン汁を加えてフォークで荒く潰す。
    3イングリッシュマフィンはフォークで側面にザクザク切り込みを入れ、手で割りトーストする。
    ~ ポーチドエッグ ~
    4ポーチドエッグを作ります。鍋にお湯を沸かし、沸騰したら酢を加え、その後再沸騰したら箸でお湯をぐるぐる回して渦を作る。

    Point!!
    お酢にはタンパク質を固める性質があり、卵の成分はタンパク質なので、お酢が入ったお湯に卵を入れると、表面が固まって、崩れにくくなり、きれいにまとまったポーチドエッグを作ることができます。また初めからお酢を加えると、熱で酸が飛びやすいので、一度沸騰してから加えると効果的です。
    54の中心に器に割っておいた卵を落とし入れて、230~3分程茹でる。
    65をキッチンペーパーの上に取り出し水気を切り、余分な卵白をペティーナイフでトリミングする。
    ~ バター不使用のオランデーズソース ~
    7

    ボウルに卵黄と水を入れて、湯せん(80℃)にかけて泡立てる。ふんわりしたら火を止め、オリーブオイルを少しずつ加えて乳化させ、レモン汁、塩、こしょうで味を調える。

    Point!!
    水を加えると卵黄にゆっくり火が入りふんわり仕上げることができます。

    83のイングリッシュマフィンに2のアボカドを広げ、ルッコラを乗せて、その上にベーコンを乗せる。

    Point!!
    中央を少し窪ませると、ポーチドエッグが乗せやすいです。
    98の上に6のポーチドエッグを乗せ、7のオランデーズソースをかける。
    109の上にパプリカパウダーとシブレットを飾る。
    11完成!
    コメント