スキレットで楽しくキャンプ飯♪お手入れ方法とレシピ紹介

2023-6-15
スキレットで楽しくキャンプ飯♪お手入れ方法とレシピ紹介

みなさんスキレットは使っていますか?

スキレットは、ニトリやダイソーなどで手軽に購入でき、キャンプ飯から普段使い・おもてなし料理まで幅広いシーンで活躍してくれる人気の調理器具です。特に昨今のキャンプブームで注目が集まっています。

スキレットにはどんな魅力があってどうして人気なのか、またスキレットを購入したいけれど、お手入れ方法がわからないと思われている方も多いことと思います。

そこで今回はスキレット初心者の方を対象に、スキレットの魅力と注意点、さらにはお手入れ方法についてご紹介したいと思います。


スキレットの魅力

スキレットは鍋の部分から取っ手部分まで厚みのある鋳鉄で出来ています。食材に熱がゆっくりと均一に伝わることで、旨みを引き出し、ムラなくジューシーで美味しい料理ができます。

またテフロン加工のフライパンと違い、空焼きができるので、鍋を熱してから食材を入れることができます。それにより表面を一気に焼き固め、旨みを逃さない調理ができます。

蓄熱性も高く、食材を加えても温度が下がりにくいのも特徴です。じっくり火入れしたい焼き物や煮込み調理も上手に作る事が出来ます。

さらには、熱源を選ばないのでガスコンロやIHだけでなく、オーブンや魚焼きグリルに入れて調理することもでき、キャンプでの焚き火調理にも…とあらゆる場面で使えます。

そして何より可愛らし見た目なので、調理後にそのままスキレットごと食卓へ出してもオシャレです。食材が冷めにくく、料理を熱々の美味しいままに頂くことができるというメリットもあります。

キャンプだけではなく幅広く使え、これだけの魅力を兼ね備えたスキレットですので、人気があるのも頷けますよね。

購入後のお手入れ方法

魅力たっぷりのスキレットですが、長く使用するためにはお手入れが必要です。

まずスキレットを購入したら表面に油膜をつくるための「シーズニング」という作業が必要です。「シーズニング」によりできる油膜が、食材をくっつきにくくし、焦げ付きやサビを防止してくれます。

 

手順1
スキレットを洗剤で洗い、サビ止めコーティングを洗い流します。
 

手順2
火にかけ、煙が出るまで空炊きします。
 

手順3
煙が出始めたら火を止め、油をまわし入れ、キッチンペーパーで全体に油を塗ります。(裏側も忘れずに!)
 

手順4
油を足し野菜くずを炒めます。(鉄臭さを取り除くことが出来ます)
 

手順5
野菜を取り出して、もう一度油をキッチンペーパーで塗って出来上がりです。

油が馴染むまで何度かこのシーズニングを行いましょう。油馴染みが良くなれば油を引くだけでご使用頂けるようになります。

 

調理後のお手入れ方法

続いて、調理後のお手入れ方法についてご紹介します。少し面倒ですが、調理後にこちらのお手入れをすることで長くスキレットを使うことができます。

手順1
調理後は、温かいうちに食器用洗剤を使わずにお湯で洗います。
洗剤を使うと、せっかく馴染ませた油が落ちてしまうので極力使用しないようにしましょう。どうしても落ちない時は重曹をお使いになることをおすすめします。調理が終わってすぐに冷たい水で洗うと急に温度が変化し、変形したり、ひび割れの原因になります。キャンプ場などでお湯がない場合はスキレットが冷めてから水で洗いましょう。

手順2
洗浄後は火にかけて水分を飛ばします。

手順3
薄く油を塗ります。

手順4
新聞紙で包み保管します。新聞紙はシーズニングの油でベタベタするのを防ぎ、余分な湿気から守ってくれます。

 

スキレットを使ったグルテンフリーレシピ

スキレットを使った簡単で美味しい、しかもグルテンフリーのレシピをご紹介します。 どれもスキレットの良さを活かしたレシピです。

キャンプ飯としてはもちろん、簡単にできるのでご自宅でも是非試して見てください!

 

フィデウア 

レシピはこちら
グルテンフリーのキャンプ飯!フィデウア

 

 

ダッチベイビー シュクレ 

レシピはこちら
スキレットで楽しい!グルテンフリーダッチベイビー ~ シュクレ

 

 

ダッチベイビー サレ 

レシピはこちら
スキレットで楽しい!グルテンフリーダッチベイビー ~ サレ 

 

 

アヒージョ 

レシピ(無印商品の紹介記事)はこちら
無印良品で買える!時短で美味しいグルテンフリー商品 ~ 料理キット編 

 

いかがでしたでしょうか?

スキレットはお求めやすい価格で購入でき、長く使えます。初めのうちは、お手入れが面倒と思われてしまうかもしれませんが、使いこなせれば、料理の幅を広げることができる素晴らしい調理道具です。

この記事をご参考にして頂き、スキレットを愛情を持って育てていくようなお気持ちで、お使いいただき、様々なシーンで活用いただけたら嬉しいです。

こちらの記事を参考に「作ってみた!」や「他にもこんなお勧めのレシピがあるよ」などございましたらぜひお声をお聞かせください。皆さまのコメントをお待ちしております。

コメント